ここから本文です

F1とハイネケンが大型契約。イタリアGPのサポートも

オートスポーツweb 6月10日(金)7時25分配信

 フォーミュラワン・マネジメント(FOM)がオランダのビール醸造会社ハイネケンと契約、同社がF1のグローバルパートナーに就任することが正式に発表された。

契約発表を行ったF1とハイネケンのロゴ

 契約は今季からの複数年におよび、ハイネケンは今年のイタリアGPのタイトルスポンサーを務める。

 最初の契約期間は2020年までで、ハイネケンは2017年からは1シーズンあたり3グランプリでタイトルパートナーを務め、FOMと共に定めた他の6グランプリにも広告を出すことが取り決められた。
 しかしF1マシンにハイネケンのロゴが飾られることはない。

 またハイネケンはF1の公式ビールパートナーとなり、すべてのグランプリにおいてハイネケンのバーやラウンジが設けられる。同時に飲酒運転防止キャンペーンを展開することも決まっている。

 ハイネケンは、サーキット広告のほかに、テレビコマーシャル、デジタル・マーケティングやイベントなど幅広いプラットフォームを活用して、自身とF1のPRを行っていく。

 契約発表に際し、ブランドアンバサダーにデイビッド・クルサードとサー・ジャッキー・スチュワートが就任することも明らかにされた。


 すでにUEFAチャンピオンズリーグ、ラグビーワールドカップへのスポンサー、ジェームズ・ボンドの映画とのタイアップなどに投資をしているハイネケンは、今回のF1との契約に関し、プラットフォームを増やす最適なタイミングだったと述べている。

「我々は強く成長を求めている。F1は単なるレースというよりも大きな存在であり、世界的なイベントだ。F1はハイネケンに、拡大するマーケットにおいて現存する消費者および潜在的消費者と接する機会を与えてくれる」とハイネケンのシニアディレクターグローバルのジャンルカ・ディ・トンド氏は語った。

「F1は3つのエリアにおいて効果を発揮する。強力な商業的機会をもたらし、新たな革新的手段により責任ある飲酒のプラットフォームを拡大し、F1と我々の従業員の間で技術応用を行うことが可能となる」

 バーニー・エクレストンも、アンバサダーのジャッキー・スチュワートも、ビールブランドとの提携によって、F1は飲酒運転防止キャンペーンをより効果的に推し進めることができるとの考えを示している。

「(消費者は)“飲んだら乗るな”ということを学ぶようになるだろう。彼ら(ハイネケンは)たくさんの命を救うことになるのだ」とスチュワート。

「F1は世界のスポーツの中でも最大級の観客を有している。彼らに対してハイネケンはメッセージを送り、大勢の命を救うことができる」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月10日(金)7時34分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。