ここから本文です

アロンソ、ホンダ新ターボに期待「レースで効果を発揮する」

オートスポーツweb 6月10日(金)9時15分配信

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、カナダにアップグレード版パワーユニットが導入されることで、レースパフォーマンスが改善されることを期待している。

2016年カナダGP木曜 マクラーレン・ホンダ、ピットストップ練習

 ホンダはカナダに新しいターボチャージャーを持ち込む。英AUTOSPORTは、ホンダはエネルギー回収の効率を狙った改良を行い、2トークンを使用したと報じている。

 このアップグレードについて聞かれたアロンソは、エネルギー・デプロイメントの改善が見込まれ、これが決勝での戦いに有利に働くかもしれないと答えた。

「新しいターボによってエネルギーの回収が向上するだろう。いいことだよ」とアロンソ。

「必ずしもパワーが向上するわけではないが、レースシミュレーションでは、バッテリーのマネジメント、ストレートでより長くエネルギーを使用することに多少役立つ可能性があることが分かっている」

「予選では大きな変化はないが、決勝で改善がみられることを期待している」

「すべてが正しい方向に向かっている。また一歩前進したといっていいだろう」

「だがまだ先は長い。特にパワーに関してはね。パワーが限られていることが今の大きな問題点だから」

「MGU-Hとエネルギー回収については、去年と比べると今年はさほど悪くない。今回また一歩前進したことは歓迎だ。それでも道のりは長いけどね」

 アロンソは、昨年のカナダGPの状況を見ると、この1年でどれだけチームが進歩したかが分かると語っている。


■「昨年のカナダの状況とは雲泥の差」

 2015年カナダGPでは、バトンがトラブルで予選を走れず、決勝では2台そろってトラブルでリタイアを喫した。アロンソは決勝走行中、燃料をセーブして走るようチームに指示され、このままではアマチュアのように見えるからレースをさせてくれと訴えた。

「この12カ月、チームは非常に素晴らしい仕事をしてきた。今の僕らは戦える状態だ。他のマシンとレースができる、それはポジティブなことだ」とアロンソ。

「去年のこのレースでは、とても状況が悪かった」
「シーズン7戦目だったが、パワー、ペース、信頼性、燃費、たくさんの問題を抱えていた」

「でもそれから12カ月たってここに戻ってきた僕らは、全く違う状況だ。もちろんまだパワーは足りないし、改善すべき問題はいくつかある。でも去年と比べるとかなり状況がよくなった」

「本当は去年の段階で今の状況になり、今年はタイトルや優勝を争えたら、と思っていた。でもこれが現実だ」

「少なくともチームは正しく対処し、正しいインプットを行ってきた。すべてがより論理的に進んでおり、今の状況を見ると、今後についてより楽観的に考えることができる」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月10日(金)19時23分

オートスポーツweb