ここから本文です

ホンダが鈴鹿8耐の参戦体制を発表。MotoGP元王者ヘイデンがHARC-PRO.に

オートスポーツweb 6月10日(金)15時31分配信

 ホンダは10日、7月28日から31日にかけて鈴鹿サーキットで開催される“コカ・コーラゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦するホンダチームの体制を発表した。

 昨年、決勝レースをリタイアで終え、3連覇を逃したMuSASHi RT HARC-PRO.。チームにとってリベンジの年となる今大会では、エースライダーの高橋巧に加え、2013、2014年に鈴鹿8耐2連覇に貢献したマイケル・ファン・デル・マークを継続起用。3人目のライダーには、2006年にMotoGPチャンピオンに輝いたニッキー・ヘイデンを新たに加え、2年ぶりの優勝を目指していく。

 ヘイデンは今回の参戦に関して次のようにコメントしている。

「鈴鹿8耐のように歴史があるレースに出場することができて光栄だ。ル・マン式のスタートやピットワーク、またチームメートとともに全員のいちばん良いセットアップを見つけ出す作業は、普段のレースとはまったく異なる」

「長いサマーブレイクの間も、鈴鹿8耐というレースに参加して自分のスキルを維持できることをうれしく思う。多くの優れたチームとの長くタフな戦いになるが、優勝し、鈴鹿8耐のトロフィーを自分のコレクションに追加したい」

 昨年の鈴鹿8耐で2位を獲得したF.C.C. TSR Hondaは、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに参戦している渡辺一馬とスーパースポーツ世界選手権(WSS)を戦うパトリック・ジェイコブセン、MotoGPのMoto2クラスに参戦しているドミニク・エガーターの3名を擁して挑戦する。

 そのほか鈴鹿8耐に参戦する主なチームは以下のとおりだ。

【鈴鹿8耐に参戦する主なチーム】
ゼッケン/090
チーム名/au&テルル・コハラRT
マシン/CBR1000RR
ライダー/秋吉耕佑、ダミアン・カドリン、大久保光

ゼッケン/104
チーム名/TOHO Racing
マシン/CBR1000RR
ライダー/山口辰也、ラタパーク・ウィライロー、TBD

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月10日(金)16時31分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]