ここから本文です

セットアップはリカルド頼り……チーム移籍後、手探り状態でF1マシンを操るフェルスタッペン

オートスポーツweb 6月10日(金)16時21分配信

 マックス・フェルスタッペンが、レッドブルRB12のセットアップについては「いまだ手探り状態」にあり、当面はチームメイトのダニエル・リカルドに頼りながら、このチームでの経験を積んでいくつもりだと述べた。 

 フェルスタッペンは、スペインGP直前にダニール・クビアトと交替する形でレッドブルへ移籍し、新チームでの初レースでF1史上最年少のウィナーになった。しかし、次のモナコGPでは苦戦し、予選とレースをいずれもクラッシュで終えている。 

 また、スペインとモナコのどちらのレースでも、実際のペースではリカルドと肩を並べるには至らなかった。リカルドはモナコでポールポジションを獲得しており、2回目のピットストップでのチームのミスがなければ、レースでも優勝していたはずだ。

 F1で2年目のフェルスタッペンが、全体として経験不足なのは当然のことだ。しかし、特にレッドブルへ来てからまだ日が浅いために、RB12の最適なセットアップを見つけるにあたっては、リカルドの手助けに頼っている段階だという。


 セットアップについてはリカルドに学んでいるのか、という質問に対し、フェルスタッペンはこう答えた。
「そのとおりだ。彼には豊富な経験があるからね。たとえば、ここ(カナダ)でもこのクルマに乗るのは初めてで、どういう方向でセットアップを進めればいいのか見当もつかない。だから、彼(リカルド)がやっていることを見て、学ばせてもらうつもりだよ」

「昨年のデータも参考にはなるけど、クルマが変わると違ってくる部分もあるんだ」
 完全に自信を持てるようになるのは、レッドブルのマシンでカレンダー上のすべてのサーキットを経験したあと、つまり1シーズンの経験を積んでからだろうと、フェルスタッペンは考えている。

「とにかくクルマに慣れて、どうセットアップするかを学ぶことだ。それはやはり経験から学習するしかないからね。トロロッソのクルマなら昨年の経験があるから、セットアップの方向性もわかっている。だが、レッドブルはまったく違うクルマで、セットアップのやり方も全然違う。僕としては、いまだ手探りの状態で、とりあえずはチームに言われたとおりにやっている」

「すべての開催地を経験するには1年かかる。でも、クルマが変わったときには、とにかく経験を重ねて学んでいくしかないんだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月10日(金)16時31分

オートスポーツweb