ここから本文です

トヨタ「ル・マンは1年のハイライト」。可夢偉は総合優勝へ強い自信

オートスポーツweb 6月10日(金)21時23分配信

 FIA世界耐久選手権(WEC)に参戦するTOYOTA GAZOO Racingは、18日~19日に行われる第84回ル・マン24時間耐久レースへ2台のTS050ハイブリッドで挑戦。悲願の総合優勝を目指す。

【写真】18度目のル・マン挑戦で、悲願の総合優勝を狙うTOYOTA GAZOO RacingのTS050ハイブリッド

 1985年に初挑戦して以来、今年で18度目のル・マンへ挑むトヨタ。これまで4回の2位を含む、通算5度の表彰台フィニッシュを飾っているが、総合優勝は果たせていない。

 チームは昨年、2台のTS040ハイブリッドでル・マンへ参戦するも、苦戦を強いられ総合5位、8位に終わった。今季はエンジンを昨年までの3.7リッターV8自然吸気から2.4リッターV型6気筒直噴ツインターボに変更。ハイブリッドシステムのエネルギー放出量も8MJに増量したほか、バッテリーもハイパワー型のリチウムイオンを採用するなど、大幅な改良を加えた。

 2台のTS050 ハイブリッドのうち、5号車は2014年にル・マンでポールポジションを獲得した中嶋一貴に加え、アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミという布陣。6号車はステファン・サラザンとマイク・コンウェイ、そして小林可夢偉というラインアップとなっている。

 18日の決勝レーススタートに先駆けて行われたテストデーで、チームは2台合計で179周、2440kmを走破して、マシンの信頼性の高さを発揮。また、昨年より2.124秒も速いベストタイムを記録する好走をみせた。

 チームを率いる佐藤俊男代表は「ル・マンは我々にとって1年のハイライトであり、シーズン前からこのレースに焦点をあてて全力で準備を続けてきました」と意気込みを語る。

「前戦、スパ6時間レースでは高いポテンシャルを確認することができたので、ル・マンに向けて特別に開発してきたTS050ハイブリッドが、今回、どのようなパフォーマンスを発揮してくれるか、とても楽しみにしています」 

「しかし、ル・マンは車両の性能だけでなく、ドライバーを含めたチーム全員の総合力が求められるレースです。困難な状況においてもミスなくベストなパフォーマンスを引き出すことが重要であり、それが結果に繋がります」

「長い戦いの後に来るゴールを見据え、つねに的確な判断と最大限の集中力をもって24時間を戦い抜きます」

 また、5号車をドライブする一貴は「コースもとても楽しめるもので、ドライバーにとっては真のチャレンジ。最高速に達する長いユーノディエール・ストレートや、高速コーナーは運転していて本当に楽しいですね。準備は整っているので、レースウイークを迎えるのがとても楽しみです」とコメント。

 6号車の可夢偉も「ル・マン24時間レースは世界有数のレースであり、そこで戦えることを誇りに思う。このレースで、日本人ドライバーとして、日本のチームで勝つことができれば最高だと思います。特に、僕にとってはトヨタから戦う初のル・マンです。ライバルとは僅差なので、勝利を目指して挑戦できる」と総合優勝へ向けて気合十分だ。

 チームはこの後、現地15日(水)からスタートする公式練習や合計3回の公式予選、伝統のドライバーズパレードなどを経て、24時間の決勝レースへ臨むこととなる。


[オートスポーツweb ]

最終更新:6月10日(金)21時24分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]