ここから本文です

飯豊まりえ キスマイ藤ヶ谷太輔/窪田正孝/稲葉友とピンクカーペット闊歩「ベッドから起きたときの顔がすごいリアル」

Billboard Japan 6月10日(金)16時25分配信

 累計500万部突破の人気少女コミック『MARS~ただ、君を愛してる~』が映画化。6月18日の全国公開に先駆け、6月8日 東京・豊洲にて【『MARS~ただ、君を愛してる~』公開直前!「ボクたちの愛を届けマース!」イベント】が実施された。

飯豊まりえ キュートなイベント写真一覧

 藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、窪田正孝、飯豊まりえ、稲葉友の4人はリムジンに乗って登場。作品のイメージカラーであるピンクカーペットに設置された特設ステージを闊歩し、詰めかけた550人の観客に笑顔を振りまいた。

 飯豊まりえは、トークの中で、藤ヶ谷、窪田との共演について「10歳離れているので、最初はお話できるかなって思ってたんです。でも、すごく優しかったです」と回顧。続けて、「藤ヶ谷さんを見ると“今日は頑張ろう!”って思うし、窪田さんを見ると“今日は大丈夫だな”って安心します」と、2人の存在が撮影中の支えになっていたことを感謝した。

 また、上映後にはサプライズで舞台挨拶を実施。映画を観終えたばかりのファンを前に4人が登場すると、悲鳴のような歓声が上がった。4人は司会者やファンからの質問に答えながら、裏エピソードを交えた奔放トークで会場を沸かせた。

 中でも1番盛り上がったのが、それぞれが印象に残っているシーンについて話した件。窪田は「悲しみに暮れたキラが親友の晴美の家を訪れ、泊めてもらうシーン」に触れ、「朝、飯豊さんがベッドから起きたときの顔がすごいリアルで、泣きじゃくった感じが出ててすごく好きっす!!」と大絶賛。藤ヶ谷も「あの間とかがリアル! 女性同士の感じが伝わってくる」とコメント。

 そしてトークは同シーンで「晴美がキラにマグカップを差し出すのだがその中身はなにか?」へ。藤ヶ谷は「ロイヤルミルクティー」、窪田は「ココア」、稲葉は「カフェオレ」とそれぞれ予想するも、飯豊が明かした正解は「水です(笑)」。「せめて白湯だったら」「聞きたくなかった」という嘆きに、会場は再び爆笑に包まれていた。

最終更新:6月10日(金)16時25分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。