ここから本文です

ピアース・ブロスナン、久々にテレビドラマ界復帰!

クランクイン! 6月10日(金)18時35分配信

 5代目ジェームズ・ボンドとして映画『007』シリーズに出演した俳優ピアース・ブロスナンが、米AMC局の新ドラマ『The Son(原題)』に出演するという。DeadlineやVarietyなどの海外メディアが伝えた。ピアースが演じる役は当初、映画『ジュラシック・パーク』シリーズのサム・ニールが演じるはずだった。

【関連】「ピアース・ブロスナン」フォトギャラリー


 『The Son(原題)』は米作家フィリップ・メイヤー原作のスペクタクル・ドラマ。テキサスのある名家の栄枯盛衰を何世代にもわたって描くという。ピアースはメキシコ領だったテキサスが独立した日に誕生し、“テキサスの最初の息子”という異名を取るイーライ・マックローを演じる。幼い頃にコマンチ族に誘拐され、先住民の中で育った過去がある役どころだそう。

 海外ドラマ『DEFIANCE/ディファイアンス』のケヴィン・マーフィーが製作総指揮を務める。10話構成のシリーズとなり、今月からテキサス州オースティンで撮影が始まるという。第1話は映画『ウーマン・イン・ブラック2 死の天使』(15)のトム・ハーパーがメガホンを取る。

 『007』シリーズや『トーマス・クラウン・アフェアー』(99)、『スパイ・レジェンド』(15)など数々の映画に出演してきたピアースだが、テレビドラマの本格的なレギュラー出演は1982年から1987年まで続いた『探偵レミントン・スティール』以来になるという。

最終更新:6月10日(金)18時35分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。