ここから本文です

坂口健太郎『とと姉ちゃん』演技を高畑充希が称賛「丁度良く気持ち悪い」

クランクイン! 6月10日(金)11時35分配信

 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演している俳優の坂口健太郎が、10日に同局の情報番組『あさイチ』に出演。坂口は自身の趣味である一人旅での、驚きのエピソードや、『とと姉ちゃん』出演の印象などを語っていた。

【関連】「坂口健太郎」フォトギャラリー


 気晴らしのため、時に一人旅をすることがあるという坂口。「明日休みだ、ってなったら急に行きたくなって決めちゃうんです。だからどうしても一人になる」と一人で出かける理由を語る。一方、坂口は以前冬のさなかに岐阜へ旅をした際に、夜は宿をとらずに朝まで飲もうと決めていたところ、現地では夜三時くらいまでしかやっている店がなく、雪の降る中を朝まで野外の駐車場で寝て過ごした、という驚きのエピソードを明かしていた。

 坂口の『とと姉ちゃん』での登場シーンは、お寺の境内で四つん這いになり草木を探している姿をお尻の方向から映し出されるというもの。以降も度々同様の構図で登場しているが、坂口はその印象を「映像で改めて見ると『あ、こんなにお尻なんだ』と思いましたね」と語り、笑いを誘った。

 そんな坂口のイメージを一言で『無重力系年上キラー』と語る共演の高畑充希から、この日はコメント映像が到着。『とと姉ちゃん』での坂口が演じる役柄に「どんな風にやるのかと楽しみに現場に入ったら、丁度良く気持ち悪いし、お尻のショットとかもかわいかった」と坂口のモデル業のイメージとのギャップや、お尻姿に萌えたことを明かしていた。

 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』は総合テレビにて月曜~土曜あさ8時放送。

最終更新:6月10日(金)11時35分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。