ここから本文です

松坂桃李、『ゆとり』オールアップを報告 「皆素敵すぎです」名残惜しむ

クランクイン! 6月10日(金)18時0分配信

 ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)に出演中の松坂桃李が、ついにオールアップしたことを9日、自身のツイッターで明かし、ファンからは「残り2話だと思うと寂しいです」「キャストやスタッフさんの雰囲気が好きだったから寂しい」などのコメントが相次いだ。

【関連】「松坂桃李」フォトギャラリー


 「ゆとりですがなにか、ついにオールアップしました」と、安藤サクラとの2ショットと共に撮影終了を報告した松坂は、「なんと言うか、こんなに寂しい気持ちになる現場は中々ありません。あースタッフ、キャスト皆素敵すぎです。大好きです」と語り、終わってしまった撮影を名残惜しんだ。

 同ドラマは、うだつの上がらない「ゆとり第一世代」の3人・山路(松坂)、正和(岡田将生)、まりぶ(柳楽優弥)が、仕事に恋に七転八転しながらも成長してゆく姿を描いたヒューマンドラマ。ほか大賀、島崎遥香、吉田鋼太郎がわきを固めている。

 松坂のクランクアップ報告にファンからは「ほんと、ゆとりメンバーはみんな素敵だし離れがたいのもわかります」「山路先生として生きた教室を卒業ですね」「で、桃李くんは泣いたのかな~?」「やまじーのキャラがこんなにも愛おしくて素敵な存在だとは思ってもみませんでした」とドラマの残り少ない放送を惜しむ声が寄せられた。

最終更新:6月10日(金)18時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。