ここから本文です

未来へバトンをつなげ…メジャーで生き残った2人の和製安打製造機の使命

ベースボールキング 6月10日(金)10時0分配信

投手だけじゃない?野手もメジャーで奮闘中!

 海の向こうメジャーリーグが、今年も熱い。

 今シーズンは何と言ってもあの男が帰ってきた。レンジャーズのダルビッシュ有である。

 1年9カ月ぶりのメジャー復帰戦で5回を3安打、1失点と好投。手術前よりも威力が増したようにも見える速球と多彩な変化球を駆使し、強打者たちをなぎ倒している。

 さらに今年からメジャー挑戦中のドジャース・前田健太も好スタートを切り、ヤンキースの田中将大もなかなか勝ち運に恵まれない中で好投を見せる。

 他にもマリナーズの岩隈久志や、レッドソックスのブルペンを支える上原浩治に田沢純一と、今年も日本人投手の安定した働きが光っている。

 さて、一方の野手はどうだろうか。近年苦しい戦いが続き、人数も減少していった日本人の野手は、今ではマーリンズのイチローとマリナーズの青木宣親の2人だけ。この2人が“残った”という形だ。

 共に日本を代表するヒットメーカーとして海を渡り、メジャーの強打者たちの中でその存在感を発揮。チームにとって必要な存在であり続けている。

イチローと青木が残した功績

 イチローの功績は、もはや言うまでもない。メジャーでは2001年と2004年に首位打者を獲得。その年はいずれも最多安打のタイトルも手中に収めている。

 2004年にはシーズン262安打を記録し、メジャーの歴代最多安打記録も更新。異国の地で歴史に名を刻んだ。

 10月で43歳を迎えるという今シーズンも、レギュラーではないながら48試合の出場で打率.330をマーク。ここまでで36安打を放っており、メジャー通算安打は2971本。開幕前にはとても厳しいと思われていたメジャー通算3000本安打まで残り「29」としており、故障者に代わってスタメン出場も増えている今では不可能な範囲ではなくなってきた。

 青木も日本通算8年間で1284安打を記録。3度の首位打者に、2度の最多安打という輝かしい足跡を残して海を渡った。

 メジャー移籍後は200安打も打率3割超もないものの、高い出塁率と献身性の高い打撃でチームに貢献。ブリュワーズにはじまりロイヤルズ、ジャイアンツと渡り歩いた先々でリードオフマンとしての地位を築き上げた。

 

1/2ページ

最終更新:6月10日(金)10時0分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]