ここから本文です

ロッテ・高浜、古巣阪神に痛烈な恩返し弾!「良い所を見せられてよかった」

ベースボールキング 6月10日(金)6時30分配信

○ ロッテ 7 - 2 阪神 ●
<3回戦・QVCマリン>

 ロッテの高浜卓也が古巣の阪神戦で、3号ソロを含む2安打1打点の活躍を見せた。

 初回無死一塁で迎えた第1打席、先発・藤浪晋太郎からバットを折りながらセンター前に運ぶヒットで出塁すると、続く角中勝也のライト前ヒットでホームに生還。伊東勤監督も「ここのところ初回から良い繋ぎをしている。これからずっと続けられるようにしてほしい」と評価した。第2打席は見逃し三振に倒れたが、5回の第3打席で魅せた。

 「ストレートに振りまけないようにと思って準備をしていたが、スライダーにタイミングがあっていたので、少しタイミングが遅れていたのですかね」。

 この回からマウンドに上がった3番手・守屋功輝が投じたスライダーを叩くと、打球はロッテファンが待つライトスタンドに飛び込んだ。

 古巣からの一発に高浜は「古巣・阪神には感謝しかないので、今こうやって野球をしている姿を見せられているのは良かったです。ホームランは…。嬉しいです」と喜んだ。

 さらに7回の守備では、「気もちを見せようと思いました」と一塁ベンチ前に飛んだ打球をスライディングキャッチ。攻守で存在感を見せた。

 古巣・阪神との3連戦が終了し、打率.500(8打数4安打)、1本塁打、1打点の大活躍。「なんとか良い所を見せられてよかった」とプロ入りした08年から11年途中までプレーした古巣・阪神に対して良い恩返しとなった。

BASEBALL KING

最終更新:6月10日(金)6時30分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。