ここから本文です

スーツで判明? 本当に“予想外”だった新星ラッシュフォードのユーロ参戦

SOCCER KING 6月10日(金)17時28分配信

 今シーズン、マンチェスター・Uに彗星の如く現れたFWマーカス・ラッシュフォード。弱冠18歳という若さながら、怒濤のゴールラッシュでイングランド代表入りを果たし、ユーロ2016への参戦も決まった。

 招集前には時期尚早という声もあったが、代表デビュー戦で即ゴールという結果を出すなど活躍。ロイ・ホジソン監督も「素晴らしかった。彼は場違いではないだろう」と称賛し、本大会のメンバーに選ぶこととなった。

 そのラッシュフォードのユーロ参戦がいかに“予想外”だったのかを、イギリス紙『サン』が伝えている。

 同紙によると、それはスーツを見ればわかるという。

 イングランド代表の面々が着ているのは、『M&S(マークス&スペンサー)』のスーツで、その胸ポケットにはスリーライオンズ(イングランドサッカー協会のエンブレム)が刺繍されている。

 だが、ラッシュフォードだけはその刺繍がない状態のスーツを着用。仕上げが間に合わなかったことが理由のようで、関係者は「通常、選手たちのフィッティングは3月に行われる。その後にチームに入ってきた選手は仕上げる時間が少なくなる。単純なエラーだった。見落としだよ。彼は完全にノーマークだった」 と、同選手の選出が“予想外”だったと明かした。

 イングランドは11日にユーロ初戦でロシア代表と対戦する。

(記事提供:Qoly)

SOCCER KING

最終更新:6月10日(金)17時33分

SOCCER KING