ここから本文です

清武のセビージャ移籍が大筋合意!正式発表はメディカルチェック後

ゲキサカ 6月10日(金)8時25分配信

 ハノーファーに所属する日本代表MF清武弘嗣のセビージャへの移籍が大筋合意に達した。『ビルト』によると、移籍金は650万ユーロ(約7億8670万円)。セビージャが昨年11月に負った右足第5中足骨骨折の状態などをチェックしたいことから、正式発表はメディカルチェック後とみられる。

 また『キッカー』は、ハノーファーのマーティン・バーダーGMが「手続きを残す段階」と交渉が順調に進んでいることを認めたと伝えた。契約は4年となる見込み。

 日本期待のファンタジスタがスペインに渡る。清武は12年7月にセレッソ大阪からニュルンベルクに移籍。ニュルンベルクでは2シーズンをプレーし、レギュラーとして活躍した。しかし2部降格の憂き目に遭うと、14年7月にハノーファーに移籍。

 ただここでもすぐにレギュラーに定着すると、15-16シーズンは背番号10を付けてプレー。シーズン途中は日本代表の試合で負った骨折の影響で戦線離脱を余儀なくされたが、昨年同様、5ゴールを挙げる活躍を見せた。チームは最下位で2部降格となったが、清武は上位クラブが獲得の意思を示し、争奪戦となっていた。

 セビージャは国内ではバルセロナやレアル・マドリーに後塵を拝しているが、ヨーロッパリーグ(EL)で史上初の3連覇を達成するなど、欧州の舞台で好成績を残している。セビージャは司令塔のMFエベル・バネガのインテルへの移籍が決定的となっており、後継候補として清武に白羽の矢を立てた。

最終更新:6月10日(金)10時3分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。