ここから本文です

清武移籍迫るセビージャ、一足先に強力ライバルの加入決定

ゲキサカ 6月10日(金)10時0分配信

 セビージャは9日、ヘタフェからMFパブロ・サラビア(24)を獲得することで合意したと発表した。現地メディアによると、移籍金は100万ユーロ(約1億2000万円)。4年契約にサインしている。

 ハノーファーからセビージャへの移籍が決定的となっている日本代表MF清武弘嗣より一足先に、強力ライバルの加入が決定した。レアル・マドリーの下部組織出身のサラビアは、2010年にトップチームデビュー。翌年よりヘタフェに完全移籍していた。

 ヘタフェでは背番号10をつける中心選手としてプレー。通算5シーズンを過ごし、145試合に出場して15ゴールを記録。今季はリーグ戦31試合に出場して7ゴールだった。清武との激しいレギュラー争いが注目されることになりそうだ。

最終更新:6月10日(金)10時0分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。