ここから本文です

35歳シーズンもマンUで…キャリックが契約更新

ゲキサカ 6月10日(金)10時3分配信

 マンチェスター・ユナイテッドは9日、MFマイケル・キャリックと17年6月までの1年契約で合意したと発表した。7月28日で35歳になるキャリックが、ユナイテッドでの11年目に突入する。

 公式サイトでコメントしたキャリックは、ジョゼ・モウリーニョ監督の下でプレーすることを楽しみにしていると話す。「数々の偉業を達成したジョゼ・モウリーニョとともにやれる機会も素晴らしい。ファンのみんなの変わらないサポートに感謝したい。これからも、さらにトロフィを勝ち取っていきたい」と意気込みを語った。

 またモウリーニョ監督もベテランMFの残留を歓迎。「。このクラブで豊富な経験をもつマイケルの知識は、私にとってかけがえのないものだ。彼とともに戦うことを心待ちにしている」とコメントしている。

最終更新:6月10日(金)10時3分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。