ここから本文です

ベルルスコーニ氏が心臓手術へ…「死の危険性すらあった」

ゲキサカ 6月10日(金)11時38分配信

 7日にミラノ市内の病院に緊急入院したミランのシルビオ・ベルルスコーニ名誉会長が手術を受けることになった。当初の発表では命に別条はないとしていたが、『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、担当医は「死の危険性すらあった」と説明している。

 9日に会見した担当医は、診断の結果が大動脈弁閉鎖不全であることを発表。「大動脈弁を取り換える手術を来週行う。危険性は2~3%。順調なら全治は1か月だ」と話している。

最終更新:6月10日(金)11時38分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。