ここから本文です

[コパ・アメリカ]痛恨連敗ウルグアイの敗退決定!メキシコとベネズエラが決勝Tへ

ゲキサカ 6月10日(金)12時58分配信

[6.9 コパ・アメリカC組 メキシコ2-0ジャマイカ]

 コパ・アメリカC組の第2節が9日に行われ、メキシコ代表がジャマイカ代表を2-0で下した。2連勝で勝ち点を6に伸ばしたメキシコは、決勝トーナメント進出が決定。連敗のジャマイカは敗退が決まった。また、この結果によりウルグアイ代表の予選敗退も決まっている。

 メキシコに先制点が入ったのは前半18分、左サイドから上がったDFヤセル・コロナ(ケレタロ)のクロスをFWハビエル・エルナンデス(レバークーゼン)が頭で合わせる。距離のある位置からのヘディングだったが。力強いシュートでGKの手を弾き、ゴール右隅に収めた。

 試合が進むにつれ、ジャマイカの反撃に遭ったメキシコだが、FWジャイルズ・バーンズ(ヒューストン・ダイナモ)をエリア内で倒してしまった場面が流されるなど、判定に助けられると、後半36分、左サイドをFWイルビング・ロサーノ(パチューカ)が突破。クロスを受けたMFエクトル・エレーラ(ポルト)のコントロールからFWオリベ・ペラルタ(クラブ・アメリカ)が蹴り込み、勝利を決定づけた。

 この結果、B組はメキシコとベネズエラの決勝トーナメント進出が決定。強豪ウルグアイはジャマイカとともにまさかの予選敗退が決まった。最終節はメキシコとベネズエラが1位通過をかけて激突する。

最終更新:6月10日(金)13時0分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]