ここから本文です

期限ギリギリの“狂騒劇”から1年…レアル、デ・ヘア獲得は見送りか

ゲキサカ 6月10日(金)16時34分配信

 レアル・マドリーは今夏、マンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアの獲得には動かないようだ。

 レアルは昨夏、デ・ヘア獲得目前まで迫っていた。移籍期限最終日となる15年8月31日夜に移籍金3000~3500万ユーロで合意に達し、その後レアルGKケイラー・ナバスの譲渡の詳細も含めた契約更新を行い、現地時間31日の23時半にクラブ間で最終合意に達したと報じられた。

 しかし、マンチェスター・Uからの書類が遅れたことから、スペインプロリーグ機構(LFP)へ正式な書類が届いたのは、現地時間1日の0時28分。この約30分間の遅れにより、移籍は叶わなかった。

 スペイン『マルカ』によると、今夏もレアルはデ・ヘア獲得に動くと見られていたが、見送ることを決めたようだ。ジネディーヌ・ジダン監督はK・ナバスのパフォーマンスを高く評価しているだけでなく、マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ新監督もデ・ヘアの残留を望んでいるとされている。

最終更新:6月10日(金)16時34分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]