ここから本文です

ポルシェ ジャパン、2016年ル・マン24時間のパブリックビューイングを実施

オートックワン 6/10(金) 17:34配信

ポルシェ ジャパンは、2016年6月18日~19日、六本木ヒルズ内“ヒルズカフェ”にてル・マン24時間レースのパブリックビューイングを実施する。

このニュースのフォトギャラリー

FIA世界耐久選手権(WEC)のトップカテゴリーに復帰してから僅か2シーズン目の2015年、ポルシェ919ハイブリッドはル・マン24時間レースにおいてポールポジションを獲得し、自身の持つメーカー最多勝利数を更新する17度目の総合優勝を果たした。

919ハイブリッドはWECの2015年マニュファクチャラーズおよびドライバーズチャンピオンシップとしてゼッケン1、2を身に着け、2016年シーズンを戦っている。

「Porsche Le Mans Cafe featuring 919 Hybrid」では、919ハイブリッド(2016年モデル)やパナメーラS E-ハイブリッドを展示してサルテサーキットの雰囲気を演出しながら、昼間はカフェ、夜間はスタンディングバーという形態で、Porsche Le Mans Cafe オリジナルメニュー等も提供する(有料)。

DJによる音楽演出が行われる中、CS放送「J-SPORTS」の生中継を特大の画像でライブ感を持って楽しむことができる。

Porsche Le Mans Cafe featuring 919 Hybrid 実施概要

場所:六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペース

日時:6月18日(土) 11:00~23:00/6月19日(日) 11:00~23:00

※J-SPORTS放送上映は18日21:30~(19日)06:00および19日12:00~13:55/16:00~23:00

展示車両:919 ハイブリッド 2016年モデル(展示用車両)/パナメーラ S E-ハイブリッド

その他:Porsche Le Mans Cafe オリジナルメニューを提供

最終更新:6/10(金) 17:34

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。