ここから本文です

【MA日本キック】12戦無敗の石田勝希が王座を狙う

イーファイト 6月11日(土)15時52分配信

 7月3日(日)神奈川・横浜産貿ホール マリネリアにて開催される、『横浜登竜門V』の全対戦カードが発表された。

【フォト】無敗記録更新中の石田勝希の試合の模様

 大石駿介が保持するMA日本スーパーライト級王座への挑戦権を懸けて、石田勝希(RKS顕修塾)vs一貴(日進会館)の一戦が決定した。

 石田は2009年K-1甲子園第3位、日本拳法仕込みの強打を武器に高いKO率を誇る23歳。関西圏での試合が多く、関東ではあまり名が知られていないが、関西を代表する選手の一人である。プロ戦績は12戦10勝(7KO)2分の無敗記録を更新中。

 対する一貴は、パンチを得意とし、RISEで活躍中の前RISEフェザー級王者・一刀の後を追う日進会館期待の新鋭。ここ数戦で一気にタイトル争いに名乗りを上げ、このビッグチャンスをものにすることができるか。関西の両雄の激闘に期待が高まる。なお、この試合の勝者は10月2日、大阪で開催予定のMA認定RKS主催興行で大石と対戦することとなる。

最終更新:6月11日(土)15時52分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。