ここから本文です

関西馬ロジセンスが初陣飾る/東京新馬

netkeiba.com 6月11日(土)12時57分配信

 11日、東京競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1400m・18頭)は、好位でレースを進めた内田博幸騎手騎乗の2番人気ロジセンス(牝2、栗東・矢作芳人厩舎)が、直線で先頭に立って、最後はゴール前で内にヨレて審議対象となったものの、外の3番人気ニシノキッカセキ(牡2、美浦・手塚貴久厩舎)の追撃をハナ差凌いで優勝した。勝ちタイムは1分25秒6(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着は、被害を受けた1番人気ブライトエピローグ(牝2、美浦・大江原哲厩舎)となった。

 勝ったロジセンスは、父ストリートセンス、母シャレーポピー、その父サンデーサイレンスという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆ロジセンス(牝2)
騎手:内田博幸
厩舎:栗東・矢作芳人
父:ストリートセンス
母:シャレーポピー
母父:サンデーサイレンス
馬主:久米田正明
生産者:チャンピオンズファーム

最終更新:6月11日(土)12時57分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。