ここから本文です

早くも年末NHK紅白出場に黄信号のSMAP、そのワケは

リアルライブ 6月11日(土)17時26分配信

 今年1月に解散騒動が勃発したジャニーズの人気グループ・SMAPが、ファンクラブ向けの会報内で解散を否定するコメントを発表した。ファンとしては一安心だが、大きな懸念もある。

 メンバー5人が騒動について語り、改めて解散しない意思を表明したとも言われている。「メンバーの中には全面的に納得しているといいがたい人もいるでしょうし、9月に契約更新するかどうかという“火種”こそ残っているともいわれてますが、5月のジャニー喜多川社長の声明に加え、今回の会報。メンバーがどうあれ、SMAPとしては残ることは間違いないでしょう」とはある芸能関係者。これからコンサートなども計画されていくといわれている。

 ただ、このまますべてが以前のように順調に進んでいくかどうかというと、少々、懸念の声も聞かれる。「最大の問題は紅白歌合戦です」とはある音楽関係者。出場回数23回というSMAPだが、今年は雲行きがあやしい。

 「昨年の紅白はジャニーズ勢は7組も出場させています。これはやっぱりNHK内部で、あまりにもジャニーズのいいなりではと問題視されている。この2014年に6組、2015年に7組と増やしましたが、それを決断したエンターテインメント番組部長は今年、異動した。代わりの人事もそろそろ発表になるでしょうが、その最大の役割はジャニーズの枠削減とも言われていて、2枠は減らさないと、とも言われています。まだ紅白の話し合いが行われている段階ではないですが、昨年、35周年ということで出場した近藤真彦さんは、もう出ることもないでしょうが、もう1枠は必要かと言われている。切るならSMAPかとも。NHKはゴタゴタしたものを嫌いますからね」と同関係者。

 解散騒動の代償は大きいか。

最終更新:6月11日(土)17時26分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。