ここから本文です

河内長野でホタル乱舞 見物人「大阪でも見られるんや」

THE PAGE 6月11日(土)9時18分配信

 少し蒸し暑さを感じた10日夜、大阪府河内長野市日野地区へ行くとホタルが飛び交い、多くの見物人でにぎわいを見せていた。地元の人らは「いまがいちばんいいのでは」などと話している。

【拡大写真と地図付き飛び交うホタルに「大阪でも見られるんや」「空気がおいしい」と話す見物人の姿も

 ホタルが飛び交うのは、同地区を流れる「石川」付近で、木々のあちこちから葉にとまったホタルの輝きを確認することができる。また、近くの田んぼにもたくさんいる。

 そのほのかな輝きを携帯電話のカメラで撮影しようとしていた同市内の70代の女性は「今がいちばんピークかな。毎年ここでみるのが楽しみなんです。昔はもっと数が多かったと思いますよ。しかし、なかなかカメラには写らないね、難しい」などと笑顔で話していた。

 また、乱舞の輝きに多くの見物人から「大阪でこんなにたくさんのホタルが見られるんや」という言葉が多数聞かれた。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.421649092438095&lon=135.54484236168867&z=15

最終更新:6月11日(土)13時40分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。