ここから本文です

【会見レポ】「BOYFRIEND」、日本ファンミも決定! 日本再始動シングル第一弾「GLIDER」発売記念公開記者会見開催

WoW!Korea 6月11日(土)23時11分配信

デビュー5周年を迎えた韓国6人組アイドルグループ「BOYFRIEND」が、6月1日(水)日本での再始動シングル第一弾となる「GLIDER」をリリース。同日、千葉・舞浜イクスピアリにて発売を記念した公開記者会見が行われた。

【画像】「BOYFRIEND」、日本再始動シングル第一弾「GLIDER」発売記念公開記者会見

 「BOYFRIEND」は2011年に韓国でデビューし、翌年の2012年に大々的な日本デビューを果たした。日本デビュー後、シングルやアルバムをリリースし精力的に日本活動を行ったが、2015年は日本での活動を休止し、韓国での活動やヨーロッパでのツアーなどに専念していた。そして2016年、様々な経験を経て、少女マンガに登場するような美少年のイメージから大人のアーティストへ成長を遂げた「BOYFRIEND」が日本での活動を再始動させる。そんな彼らの活動再開の本格的な幕開けとなる第一弾シングル「GLIDER」は、ヒットメーカー井上ヨシマサ氏が作曲・編曲を手掛けた、初夏を感じさせる「BOYFRIEND」らしい爽やかで透明感溢れるポップチューンとなっている。

 ニューシングル「GLIDER」のリリースを記念して、舞浜イクスピアリにて、行われた公開記者会見には、「BOYFRIEND」の日本での活動を心待ちにしていた多くのファンと大勢の記者が駆けつけた。

 「BOYFRIEND」はポップで爽やかな衣装を身にまとって登場し、大きな歓声の中、発売されたばかりの新曲「GLIDER」を披露。「GLIDER」はタイトルの通り、まるで「BOYFRIEND」と一緒に空を飛んでいるような気分になれる爽やかで楽しいポップチューンで、素敵なパフォーマンスを見せ、ファンの心を一気にわしづかみにした。

 記者会見が始まると、メンバー全員で記者に丁寧にお辞儀をし、デビュー5年目でもなお礼儀正しい姿を見せた。久しぶりの日本での活動についてリーダーのドンヒョンは、「日本での活動をずっとしたかったので、今の瞬間が何よりもうれしい」と話し、ミヌは「長い時間待たせたから心配だったけどこんなにたくさん来てくださって応援してくださって幸せです」と久しぶりに会えた日本のファンへの思いを伝えた。

 久しぶりに日本のファンに会った気分を尋ねられると、ヨンミンは「皆もっと可愛くなりました」とにっこり答え、クァンミンは「本当に『GLIDER』に乗って空を飛んでるみたい」と今回のシングルのタイトルに例えて喜びを表現した。

 今回のアルバムはどんなアルバムかという質問には、ドンヒョン「『BOYFRIEND』らしい曲がたくさん入っています」、ミヌ「(タイトル曲の)他にバラード曲も2曲入っていますが、歌詞もいいし、僕たちの大人らしい姿を見せられるんじゃないかなと思います」と今回のシングルを説明した。

 バラード曲のひとつ「名もなきlove song」は、歌詞がとても素敵で、メンバーたちも大好きな曲だと言う。もうひとつの「明日の晴れ渡る空に」は、「BOYFRIEND」がファンに伝えたいことを歌詞にこめた温かい曲で、「ファンの目を見て歌ったら幸せになれる曲」とドンヒョンは紹介した。アカペラで披露された「君は一人じゃない 僕がそばにいるよ」という一節の歌詞からも、彼らのファンへ対する深い愛情を感じることができる。さらにメンバーのドンヒョンとジョンミンが直接手掛けたアップテンポなダンスナンバー「Party People」も収録されており、このシングル1枚で様々な姿の「BOYFRIEND」と出会うことができる。

 続いて「GLIDER」のミュージックビデオについて、主人公をつとめ1人で3時間以上撮影したというミヌは、「GLIDERに乗って空で撮影しましたが、(GLIDERが)小さいからちょっと風が吹くだけでも揺れて怖かった」と撮影の裏話を明かした。

 また、これから日本でやってみたいことを聞かれると、ヨンミン「もっとコンサートがしたい」、ミヌ「前にショーケースをした武道館で皆で遊びたい」、ジョンミン「いつか日産スタジアムでコンサートがしてみたい」と、それぞれ日本活動への強い意欲を見せた。

 続いて、記者からの質問コーナーがスタート。「好きな気持ちを伝える時はどうやって告白するか」と質問されると、ジョンミン「一緒に旅行に行き自分で作った歌を歌って」、クァンミン「手紙で! 」、ミヌ「公園で自然な感じで実は好きだよ」と、ヒョンソン「手をつないで」、ヨンミン「目をずっと見ながら」、ドンヒョン「ただ愛してると熱い感じで」と告白すると、ファンやメンバーを相手に実演をしながらそれぞれ回答した。

 同曲がチャート1位をとった場合の公約を尋ねられると、円陣を組み相談した後、「今まで見たことのないスペシャルなステージを披露する」と約束した。質問に答えていたところ突然の雨に見舞われ、やむなく一時中断。大粒の雨が降ったが、その中でも根気強く待ち続けるファンの思いが通じたのか天候が回復し、無事に再開。ここで「タワーレコード全店総合シングルチャート1位」という、うれしい知らせも舞い込み、メンバーとファンがリアルタイムで喜びを分かち合うことが出来た。続いて、バラード曲「名もなきlove song」を披露。

 太陽が沈み始め、少し暗くなってきた会場が綺麗にライトアップされ、ロマンチックな雰囲気の中、時おりファンたちを愛おしそうに見つめながら優しいメロディを歌い上げた。「雨で中断してしまったおわびにもう1曲」と「Party People」も披露し、全部で3曲を届けた。

 また、8月6日(土)にはファンミーティングがZepp Tokyoで開催されることも発表され、再始動した「BOYFRIEND」の精力的な日本活動がますます期待される。記者会見後には、シングル購入者限定の特典会も行われ、メンバーにとってもファンにとっても忘れられない大切な思い出となった。

最終更新:6月11日(土)23時11分

WoW!Korea