ここから本文です

<岩田剛典>恋はひとめぼれ派でバックハグが好き

まんたんウェブ 6月11日(土)19時45分配信

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」(三代目JSB)の岩田剛典さんが11日、東京都内で行われた映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」(三木康一郎監督)の大ヒット御礼イベントに、共に主演を務めた女優の高畑充希さんと出席。イベントで行われた質問コーナーで、岩田さんは「恋をするなら『ひとめぼれ』か『友達のことを好きになった』のどちらか」という質問に「今まで、ほぼひとめぼれだったと思います」と明かし、「会って10秒でフィーリングが合うかわかる」とにっこりした。

【写真特集】映画「植物図鑑」の本編末公開、岩ちゃんの「お姫様だっこ」シーンを写真で

 さらに、「バックハグ」と「二の腕を引っ張ってキス(NHK)」のどちらが好みかという質問では「バックハグですね。するのも、されるのもよいですよね」とほほ笑んだ。また、高畑さんは「ひとめぼれはほとんどしたことがない。性格重視です」といい、「バックハグ好きですね。顔が近づくのがいい」と照れ笑いを見せた。

 岩田さんは「この映画は運命を感じた作品になった。僕のライブに(映画の)プロデューサーが遊びに来てくれて、スクリーンに映った僕の笑顔を見てオファーをしてくれた」と振り返り、「そこから初主演という形で、今までに感じたことのない壮大なプロジェクトに携わらせていただいて、間違いなく糧になりました。この経験をこれからの活動に変えて精進したい」と、真剣な表情であいさつした。

 映画は、有川浩さんの人気小説が原作。不動産会社に勤める普通の女性・さやか(高畑さん)がアパート前で倒れていた樹(岩田さん)を家に泊めたことをきっかけに、2人の同居生活が始まり、料理上手で草花に詳しい樹に、さやかは徐々に引かれていく……というラブストーリー。全国307館で公開され、初週土日(4、5日)の動員数が26万4270人で、興行収入は3億4204万円だった。

最終更新:6月11日(土)23時40分

まんたんウェブ