ここから本文です

リオパラ車いす卓球代表内定 吉田選手(須賀川出身)健闘誓う

福島民報 6月11日(土)10時4分配信

 リオデジャネイロ・パラリンピックの車いす卓球日本代表に内定した須賀川市出身の吉田信一選手(50)=情報通信研究機構=は10日、市内の円谷幸吉メモリアルホールで橋本克也市長に初のパラリンピック出場を報告した。 
 橋本市長は吉田選手に花束と記念品を手渡し、「困難を乗り越えて活躍する吉田さんの姿に市民は励まされている。市を挙げて応援している」と激励した。吉田選手は「最高の成績を残せるように頑張りたい」と抱負を述べた。 
 橋本市長にオリジナルのTシャツを贈り、パラリンピック出場を祝うボードにサインを書き入れた。 
 吉田選手は昨年10月のベルギーオープン、12月のコパ・コスタリカオープンで個人・団体戦とも金メダルを獲得した。今年1月に発表された世界ランキングで15位に入り、上位24人に与えられる個人戦の出場資格を得た。 

福島民報社

最終更新:6月11日(土)10時19分

福島民報