ここから本文です

<高木渉>「真田丸」茂誠役で話題の声優 4カ月ぶり待望の登場 俳優業に意欲

まんたんウェブ 6月12日(日)7時0分配信

 俳優の堺雅人さんが主演のNHK大河ドラマ「真田丸」の12日放送の第23回「攻略」で、俳優で声優の高木渉さんが演じる小山田茂誠が約4カ月ぶりに再登場する。高木さんは「名探偵コナン」の高木刑事や「機動新世紀ガンダムX」のガロード・ランの声優としても知られているが、俳優としてドラマに出演するのは「真田丸」が初めてで、1月に放送された初回に登場するとネットを中心に話題になった。俳優業に「必要とされればぜひ!」と意欲を燃やす高木さんにドラマへの思いを聞いた。

【写真特集】再登場シーンは… ボロボロの姿や悲しい表情も 小山田茂誠の名場面

 ◇意外な場面で再登場

 「真田丸」は、真田幸村の名でも知られている戦国時代の人気武将・真田信繁を堺さんが演じ、戦国時代に信州の小さな領主のもとに生まれた信繁が、家族とともに知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿を描いている。三谷幸喜さんが2004年放送の「新選組!」以来、12年ぶりに大河ドラマの脚本を手がけている。

 高木さんが演じている小山田茂誠は、信繁の姉・松(木村佳乃さん)の夫で、松を深く愛し、憎めない人柄の武将で、縁戚の小山田信茂(温水洋一さん)が武田家を裏切ったことから行き場を失ったが、松が人質として織田家に行った際に家来になりすまして同行する。本能寺の変で明智勢から逃げる途中で松が行方不明になり、生きがいを失って流浪した末、北条家に仕官する。第23回「攻略」で描かれる北条攻めの最中に意外な場面で信繁と再会する。2月14日放送の第6回「迷走」以来、約4カ月ぶりに登場する。

 ◇初登場はネットで話題に

 初回に高木さんが演じる茂誠が登場すると、放送後には「高木渉」の名前がネットの検索ワードやSNSのホットワードとして急上昇するなど話題で、信茂の裏切りで行き場を失って、ボロボロの姿で登場するなど“変化”も話題になった。高木さんは「SNSで『再登場を待っています!』などという声を見て、うれしかったですね」と反応を喜ぶ。また、アニメのアフレコでも共演者から「見ているよ!と言われます。大河って大きいんだなあ……と改めて思っています」と反響に驚いている様子。

1/2ページ

最終更新:6月12日(日)7時0分

まんたんウェブ