ここから本文です

平愛梨、ファンキー加藤をナイスフォロー「元カレの加藤が申し訳ございません!」

Movie Walker 6月11日(土)15時11分配信

映画『サブイボマスク』の初日舞台挨拶が6月11日に新宿バルト9で開催され、ファンキー加藤、小池徹平、平愛梨、温水洋一、斉木しげる、いとうあさこ、小林龍二(DISH//)、泉谷しげる、門馬直人監督、脚本の一雫ライオンが登壇。ファンキー加藤、平愛梨という“時の人”が揃って登場し、「加藤がんばれ!」「アモーレ!」と歓声が飛び交う大盛り上がりの舞台挨拶となった。

【写真を見る】そろって頭を下げたファンキー加藤と平愛梨

本作は、ファンキー加藤が、シャッター商店街に活気を取り戻そうと、覆面シンガーに変身し奮闘する主人公役で映画初主演したコメディ。お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣の元妻との“ダブル不倫”で世間を騒がせている加藤。一方の平は、サッカー日本代表・長友佑都との熱愛が話題となっており、フラッシュを浴びまくる二人に対して泉谷が「いいなあ、二人とも!」といじるなど、冒頭から大盛り上がりとなった。

加藤は第一声、「このたびはお騒がせしてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。「そんな中、ご来場いただきありがとうございます!」と挨拶し、ファンから万雷の拍手を浴びた。平は「このたびは元カレの加藤が本当に申し訳ございません!」と劇中で元カレを演じている加藤をフォロー。加藤とともに一緒に頭を下げると、平の対応力に、泉谷も「うまい!アモーレ!」と感嘆の声を上げていた。

また熱血の主人公が登場することから、「自身の熱血の部分」を聞かれた泉谷は「スキャンダルにまみれたときには、救ってあげようかなと。一緒に飯を食った仲間ですからね」と男気あふれる一言。「大変な目にあったら、もっと大変な目にあえ!」とちゃかしながらも、「がんばってください。守ってあげるから!」とエールを送り、これには加藤も「ありがとうございます」と感激しきりだった。

さらに泉谷は「演技は硬いし、まっすぐに頭から突っ込んでいくし。こいつが一生懸命やるから、こっちも一生懸命のフリしなきゃいけなくなって困る。お前ちょっと手を抜けよ。全力すぎる」と加藤の奮闘ぶりについてコメント。加藤は「細かい技術がわからないから、体当たりでやるしかなかった。体力は使ったけれど、自分としては100パーセントを出し切れた気がしています」と充実の思いを話していた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:6月13日(月)21時25分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。