ここから本文です

都市景観大賞受賞 喜多方の南町プロジェクト 表彰式で喜び新た

福島民報 6月11日(土)16時17分配信

 「都市景観の日」実行委員会が主催する都市景観大賞で、大賞(国土交通大臣賞)に選ばれた福島県喜多方市小田付地区「南町2850プロジェクト」の表彰式は10日、東京都文京区のすまい・るホールで行われた。 
 表彰は「まちづくりと景観を考える全国大会」の席上で行われた。石井啓一国土交通相が、プロジェクト構成団体で会津北方小田付郷町衆会の伊関聡さんに表彰状を手渡した。伊関さんは「蔵などの景観を残しながら、活気に満ちた地域をつくっていきたい」と述べた。 
 プロジェクトは町衆会や喜多方桐桜高などでつくる。地域住民と高校生が積極的に意見を交わし、空き家などの再生に取り組んだ活動が評価された。 
 喜多方桐桜高の生徒は喜多方市の現状や震災復興に向けて歩む姿を発表した。 

福島民報社

最終更新:6月11日(土)16時52分

福島民報