ここから本文です

社会保障充実が経済を良くすることになる 民進党の山尾志桜里政調会長

エコノミックニュース 6/11(土) 10:44配信

 民進党の山尾志桜里政調会長は東京・新宿での街頭演説でアベノミクスの問題を指摘した。「安倍晋三総理はアベノミクスで株があがれば、大企業が儲かり、給料があがり、消費が増えるという説明だったが、最初の二つ(株価上昇、大企業が利益を上げた)は確かに一時良かった。しかし、実質賃金は5年連続下がりっぱなし、消費は冷え込みっぱなしで伸びなかった」と政策転換する必要をアピールした。

 山尾政調会長は「民主党(現・民進党)が政権を担っていた時の3年間の経済の実質成長率は1.7%だった。安倍政権での3年間の成長率は0.8%だ。これが、アベノミクスの結果だ」と断じた。「お金持ちが大金持ちになっても、普通の人の暮らしは豊かにならなかった」とした。山尾政調会長は「子どもや若者への投資を私たちにやらせてほしい」と訴えた。

 また、消費増税が延期になっても、社会保障制度の充実は約束通りに来年4月から実現させるとした。山尾政調会長は「社会保障がないがしろにされた結果、節約志向に拍車がかかり、若い人も、高齢者も財布の紐が固くなってしまった。個人消費が増えないのは当たり前。安倍総理の経済政策の失敗により、消費税増税は再延期となったが、それでも来年4月からの社会保障制度の充実は皆さんとの約束通りに実施させる。それをやることが、結果として日本の経済を良くすることになる」と持論を展開した。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:6/11(土) 10:44

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。