ここから本文です

百条委調査に限界 委員長、再発防止「提言できた」

宮崎日日新聞 6月11日(土)12時3分配信

 新燃岳の降灰収集運搬業務をめぐる詐欺事件を調べる都城市議会の調査特別委員会(百条委員会)は、最終報告をまとめ、約2年間に及んだ調査を終えた。罰則を伴う強力な調査権限で証人尋問を重ね、当時の市側のずさんな対応を暴き、再発防止の提言を残した。黒木優一委員長は満足感を示す一方、調査に限界があったことも認めた。

宮崎日日新聞

最終更新:6月11日(土)12時3分

宮崎日日新聞