ここから本文です

フェデラー 歴代記録を更新、キャリア通算1072勝目<男子テニス>

tennis365.net 6月11日(土)9時3分配信

ロジャー・フェデラー

男子テニスツアーのメルセデス・カップ(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)は10日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)が予選を勝ち上がったF・マイヤー(ドイツ)を7-6 (7-2), 7-6 (7-1)のストレートで下して準決勝進出。フェデラーにとってはキャリア通算1,072勝目となり、歴代でJ・コナーズ(アメリカ)の1,253勝に次ぐ記念すべき勝利をあげた。

錦織47位 フェデラーは5位に

この試合、フェデラーは度々苦しい場面に見舞われながらも、タイブレークでは最高のプレーを見せ、ストレートで勝利を手にした。第2セットの第12ゲームではマイヤーにセットポイントを握られながらも、それをしのいでタイブレークへ持ち込んでいた。

史上最多となるグランドスラム17度の優勝を誇るフェデラーは、昨年のブリスベン国際男子決勝でM・ラオニチ(カナダ)を下した際にキャリア1,000勝をあげた。今回は男子テニスの歴史の中でI・レンドル(アメリカ)の1,071勝を抜き、コナーズに次ぐ勝利数を記録した。

現役選手ではR・ナダル(スペイン)が798勝、N・ジョコビッチ(セルビア)が730勝となっている。

メルセデス・カップ決勝進出をかけて、準決勝では成長著しい22歳のD・ティエム(オーストリア)と対戦する。ティエムは前回のフェデラーとの対戦であるイタリア国際男子3回戦でフェデラーを下していた。しかしその後からフェデラーは、腰の怪我で全仏オープンを欠場するなど1カ月のツアー離脱を余儀なくされていた。

ティエムは今季2度目のグランドスラムである全仏オープンで、自身初となるグランドスラム準決勝進出を果たし、今週発表の世界ランクで7位に上昇。初めてのトップ10入りを果たした。

ティエムはこの日、M・ユーズニー(ロシア)を3-6, 6-4, 7-5の逆転で下しての勝ち上がり。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:6月11日(土)9時3分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。