ここから本文です

ケンドー・カシンがパンダを捕獲!大仁田も唖然

バトル・ニュース 6月11日(土)12時18分配信

 6月10日に山形で開催された『大仁田興行』の試合開始前、ライオンのマスクを被ったケンドー・カシンが突如現れグッズ販売に精を出していたパンディータを見つけると、なぜか持っていたネットでパンディータを捕獲。暴れるパンディータの腕を掴み契約書と思われる紙に強引にパンディータの手形を押させた

 その契約書と白い花束を持ち大仁田の控室に乱入したカシンは、大仁田に白い花束を渡す。困惑する大仁田をよそに、追いかけてきたパンディータに蹴りを見舞ったカシンは、手形が付いた契約書と思われる紙を大仁田に見せ「7月8日、カシンvsパンダ、決定だ!」と一方的に通告。
 静まり返る控室に、突如低姿勢になったカシンは「大仁田さん!7・8、見届け人として来てください」と言い残して去って行った。

 はぐれIGF軍団の参戦要求に対し、超戦闘プロレスFMW4・27後楽園大会の第0試合でこのカードは組まれていた。だが現地にカシンは現れずパンディータの不戦勝となったものの、カシンは同大会のメーンイベント終了前に突如来場しFMWに無断でグッズ売店を出した上、大仁田の眼前でパンディータをボコボコにしたという過去がある。
 あまりの非常識な行動に、FMW・山近義幸代表がはぐれIGF軍との絶縁を宣言し賠償請求まで匂わせていたが、予期せぬカシンの無法乱入劇に大仁田もあ然とするばかり。
 大仁田は「アイツの性格は全くわからない。7・8?パンダが行くなら、俺も行かないわけにもいかないだろう」とコメント。

 だがそもそも、7月8日にいったいどこで何が行われるのかがわからない…カシンの行動に謎が深まるばかりである。

最終更新:6月11日(土)12時18分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]