ここから本文です

福知山市長選:未来を託すのはどっち? あす投開票

両丹日日新聞 6月11日(土)15時53分配信

 任期満了に伴う福知山市長選挙は、12日に投開票が行われる。候補者は届け出順に、前京都府議会議員で無所属新人の大橋一夫氏(62)=北羽合=と、3選をめざす無所属現職の松山正治氏(78)=川北=。投票時間は一部を除き、午前7時から午後8時まで。

 投票所は82カ所あり、このうち三和町の高杉集落センター▽大江町の旧物成小学校体育館、橋谷卓球場、小原田公会堂は午後6時までで、2時間繰り上げる。

 また三和町の大原第二集会所、台頭コミュニティセンター、川合集落センター、岼公民館▽夜久野町の畑集落センター、畑交流センター、直見総合センター、現世公民館は午後7時までで、1時間繰り上げとなる。

 開票は、三段池公園総合体育館メインアリーナで。午後9時20分に開始し、同11時ごろ結了の予定としている。同10時現在で1回目の中間発表をし、以後30分ごとに発表する。

 市の選挙人名簿登録者数は、4日現在で6万4305人(男3万1336人、女3万2969人)。期日前投票では、10日までに6814人が投票を済ませている。

投票所設営へ準備 市選管事務局

 市選挙管理委員会事務局は10日から、各投票所の開設に向け、準備をスタートさせた。従来の選挙では、投票日の前日に投票箱などを保管する市厚生会館で搬送作業をするが、今回は11日に厚生会館でイベントが入っていたため、前倒して2日前から始めた。

 10日には、破損しているところは無いか、数は足りているかなど、市職員らが丁寧にチェックしたあと、いったん岡ノ二町の旧勤労青少年ホームへ搬送。11日朝に各投票所へと運び出した。

両丹日日新聞社

最終更新:6月11日(土)15時53分

両丹日日新聞