ここから本文です

ヤクルト雄平、援護弾→痛恨ファンブル→決勝の生還 10回は「何とか塁に」

Full-Count 6月11日(土)9時18分配信

延長10回は中村のスクイズで生還、「全力で走りました」

 ヒーローとあわや“戦犯”を行ったり来たり。ヤクルト雄平が両方の気分を味わった。

 10日のロッテ戦。1点リードの4回に「追い込まれていたが、スライダーにうまく反応できた」と涌井から貴重なチーム5点目の5号ソロ。先発・小川に41日ぶりの勝ち星をプレゼントするべく、大きな援護弾を放った。

 3点差で9回のマウンドは守護神のオンドルセク。ところが、先頭角中を歩かせて、その後、細谷のタイムリーで2点差に。満塁から田村に右前打を浴びると、雄平は本塁送球を焦ったのかチャージして頭上を越され「守備で課題が残った」とファンブル。ロッテに2点が入り、延長にもつれこんだ。

 サヨナラ負けとなれば、“戦犯”となりかねなかったが、10回1死から左前打で出塁。西野の暴投で三塁に進むと、中村のスクイズで決勝のホームを踏み、7-6の勝利へと導いた。雄平は「何とか塁に出ようと思った。(スクイズには)全力で走りました」と胸をなでおろしていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月11日(土)9時18分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]