ここから本文です

須田亜香里の発言が物議「笑っていただきたくて…」手書きで真意綴る

MusicVoice 6月11日(土)15時3分配信

 SKE48の須田亜香里(24)が、第8回AKB48選抜総選挙の速報順位が5位だったことをネガティブに受け止めたような発言をしたとして、ネット上で物議を醸した。須田は「『もしからしら1位なのかもしれない!?』とバカみたいに盛り上がってしまった話を皆さんにも笑っていただきたくてお話したつもりだった」などと真意をコメントしている。

 須田は9日にAKB48選抜総選挙ミュージアムに訪れ、1日に発表された速報順位に関して話した。その際に述べた「5位」と呼ばれたことへのコメントが一部で報じられ、その内容は誤解を与えかねないとしてネット上で物議を醸した。一方、ファンの中には「いつもの一言余計な癖が出てる」「どうフォローしようとしてもいい意味にとれない」などと投稿するものもあった。

 これを受けて須田は10日に自身のツイッターを更新。「どうしても伝えたいことを文章にしたら長くなってしまったので文字にしました。一人でも多くの方に本心が伝わりますように。そして何より応援してくださる皆さんが傷つきませんように…」とのコメントを付けて、手書きした文面の画像を掲載した。

 須田は、当該の情報を伝えた記事(すでに削除)のURLを記載し、「誤解された方がいらっしゃるかもしれません」と前置きしたうえで、「神7まで自分の名前が呼ばれなかったのは初めてのことで、発表時、一人妄想で『もしからしら1位なのかもしれない!?』とバカみたいに盛り上がってしまった話を皆さんにも笑っていただきたくてお話したつもりだったのですが、私の語彙力がなくて、誤解を招いてしまったと思います。ごめんなさい」と詫びた。

 さらに、「『二度といただけない順位かもしれない!』と噛み締めています。でも、この一年もまた支えてくださった皆がいるから夢じゃないかもしれない。そう思えている今、私はとても幸せです。ありがとうございます!!! 須田亜香里より」と感謝も綴っている。

 須田の説明を受けてネットユーザーからは「あかりんの気持ちはわかってるから。さっ気持ちを切り替えて、前を向いていこう!」などと励ましの声をはじめ、「何気に“語彙”を漢字で書けるの凄くないか?」などの声も挙がっている。

最終更新:6月11日(土)15時16分

MusicVoice