ここから本文です

7月か9月に利上げがあればトランプ候補に有利に!?

ニュースイッチ 6月11日(土)7時50分配信

リーマン・ショックは同年11月の大統領選挙に影響を与えた

 米国経済はインフレ懸念もなく落ち着いてはいるものの、3日に発表された5月の米雇用統計では雇用者数の伸びが予想を大きく下回り、約6年ぶりの低水準となった。週明け6日にイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長はフィラデルフィアで講演し、具体的な利上げの時期については明確に示さなかったものの、市場は「今後数カ月のうちに」追加利上げが実施されると見ている。

 市場は6月の利上げは遠のいたと判断し、株式市場はリスクオンへ切り替わり、株高へ動いた。16日以降の米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀政策決定会議では金利に関しては現状維持が確認されるものと予想される。また、その翌週23日に英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票があり、市場はリスクの高まりを警戒している。

 さて、米大統領選挙ではヒラリー・クリントン氏が必要な指名獲得票数を集め、女性初の民主党大統領候補となった。これからクリントン対トランプの戦いが本格化する。そして、FRB利上げの時期もまた大統領選挙の行方と深く関わりそうだ。FRBは政治から独立しているとはいうものの、時のホワイトハウスの影響を大きく受ける。過去を振り返ると、共和党政権下で大統領選が近づくと金利が低下し、逆に、民主党政権下での大統領選ではその過程で利上げが実施されてきた。

 トランプ候補は「なぜ利上げをしないのか。低金利はオバマ政権に有利だからだ」とイエレン議長を名指しで批判している。FRBが「今後数カ月のうちに」利上げを実施する場合、つまり、7月か9月に利上げがあればトランプ候補に有利になる可能性がある。

 FRBの利上げは短期的に株式相場を押し下げ、世界株安のリスクが高まる傾向がある。この場合、相場の混乱を収拾するために何かこれまでとは異なる政策を求める機運が高まり、新しい政治体制へ移行しやすくなる。つまり政権交代が起こりやすくなる。

 例えば、2008年9月のリーマン・ショックは同年11月の大統領選挙に影響を与えた。ブッシュ共和党からオバマ民主党政権に変わる直前の金融危機は、今までとは異なる政権を求める機運を高め、黒人初のオバマ大統領を誕生させた政権交代をサポートしたともいえる。今回の利上げがどのように新しい政権誕生に寄与するかが注目される。

 トランプ氏に対しては、彼を直接知る多くの米国の投資家やエスタブリッシュメントは「人の意見を一切聞かない、自分の本能のみに従い行動する危険な人物」と評している。不人気投票と消去法という選挙戦という観点から、今後選挙資金がクリントン氏へ流れる可能性がある。

国際金融アナリスト兼SAIL社長 大井幸子

最終更新:6月11日(土)7時53分

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]