ここから本文です

マレーがリオデジャネイロ五輪代表へ [テニス競技]

THE TENNIS DAILY 6月11日(土)13時1分配信

 2012年ロンドン五輪のチャンピオンであるアンディ・マレー(イギリス)は、今年8月に行われるリオデジャネイロ五輪で4人のテニス競技イギリス代表を率いることになる。

マレー、フェデラーは選手村滞在を敬遠 [リオデジャネイロ五輪]

 世界2位のマレーは6月10日、イギリス五輪協会によって正式に代表に選ばれた。彼とともに、アンディの兄でダブルスのトップ選手であるジェイミー・マレー、女子選手のジョハナ・コンタ、ヘザー・ワトソンもイギリス代表として出場することになった。

 マレーはウィンブルドンで行われたロンドン五輪テニス競技の決勝でロジャー・フェデラー(スイス)をストレートセットで破り、金メダルを獲得。そして、ミックスダブルスでもローラ・ロブソン(イギリス)とのペアで銀メダルを獲得した。それ以降、彼は2012年全米オープンと2013年ウィンブルドンで優勝し、昨年はデビスカップでイギリスを優勝へと導いた。

 今年の全豪オープンの女子シングルスで準決勝に進出した世界18位のコンタは、初の五輪出場となる。

 イギリスはここまでのところ、リオ五輪代表として122人のアスリートを選んでいる。最終的な代表チームの総人数は、23競技で350人ほどになると予想されている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - AUGUST 05: Gold medalist Andy Murray of Great Britain poses after the medal ceremony for the Men's Singles Tennis match on Day 9 of the London 2012 Olympic Games at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on August 5, 2012 in London, England. (Photo By Tommy Hindley/Professional Sport/Popperfoto/Getty Images)

最終更新:6月11日(土)13時1分

THE TENNIS DAILY