ここから本文です

錦織出場の大会 予選に西岡ら3選手登場<男子テニス>

tennis365.net 6月11日(土)11時26分配信

ゲリー・ウェバー・オープン

男子テニスで13日から開幕するゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)には、世界ランク6位の錦織圭(日本)が出場する。今大会の予選ドローが発表され、日本勢からは西岡良仁(日本)ら3選手が登場。

錦織 日本人最高位にランク

世界ランク117位の西岡の他に、同105位の伊藤竜馬(日本)、同106位の杉田祐一(日本)が本戦出場をかけて挑む。

予選1回戦、西岡は予選第7シードのS・スタコフスキ(ウクライナ)、伊藤は予選第3シードのL・ロソル(チェコ共和国)、杉田は予選第8シードのN・バシラシヴィリ(グルジア)とそれぞれ対戦。初戦を突破した場合、伊藤と杉田は予選2回戦で対戦する組合せとなった。

試合は、3選手とも現地11日の第3コートに組まれた。

一方、ゲリー・ウェバー・オープンに4年連続で出場する錦織。昨年は2年連続のベスト4進出を果たすも、準決勝で左ふくらはぎの痛みにより途中棄権した。

錦織の他には4連覇を狙うR・フェデラー(スイス)、D・ティエム(オーストリア)、T・ベルディヒ(チェコ共和国)、D・ゴファン(ベルギー)、D・フェレール(スペイン)、G・モンフィス(フランス)らもエントリーしている。

tennis365.net

最終更新:6月11日(土)11時31分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。