ここから本文です

ロッテ、涌井先発の金曜日に連敗続く 伊東監督「曜日を変えようかな」

Full-Count 6月11日(土)9時46分配信

9回に3点差追いつくも…「見せ場を作りましたけど、最後はミスが出た」

 ロッテ伊東監督が「曜日を変えようかな」とぼやいた。10日の本拠地ヤクルト戦で、エース涌井が7回6失点(自責2)と苦戦。チームは9回に3点差を追いついたものの、延長10回に守護神・西野が1点を失い、6-7で敗れた。

ソフトバンクは2位ロッテと8.5ゲーム差、2016年NPB順位表

 5月27日から、涌井が先発の金曜日は3連敗。阪神戦3連勝の勢いでヤクルトを一蹴するはずが、「(2回先頭の)畠山のヒットから、ちょっとおかしくなった。テンポも長く、投げるボールも決まらなかった。慎重になりすぎてストライク、ボールがはっきりし過ぎ」。その2回、続く川端の一ゴロを井口の失策で無死一、三塁とされ、バレンティンの犠飛で1失点はやむを得ないとしても、2死から下位打線に畳みかけられ4点を失った。

 涌井は4月29日の日本ハム戦以来、これで6試合白星がない。この一戦の前まで3試合で援護はわずか計2点だったが、この日は2回に「涌井さんに負けをつけるわけにはいかない」と鈴木が2点適時打。女房役の田村も適時三塁打を放ち、この回3点を奪取して1点差とした。リードを3点に広げられて迎えた9回には細谷のタイムリーで1点を返し、田村の右前への劇的な同点2点打でミラクルをおこしかけた。

 しかし、ヒーローになるはずだった田村は延長10回無死一塁で西野のフォークを止められず(記録は暴投)、無死三塁となって中村に決勝スクイズを決められてしまった。伊東監督は「見せ場を作りましたけど、最後はミスが出た」と悔やんだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月11日(土)9時46分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]