ここから本文です

フェレールとトミックが敗退 [スヘルトーヘンボス/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6/11(土) 15:01配信

 オランダ・スヘルトーヘンボスで開催されている「リコー・オープン」(ATP250/6月6~12日/賞金総額56万6525ユーロ/グラスコート)の男子シングルス準々決勝で、第1シードのダビド・フェレール(スペイン)と第2シードのバーナード・トミック(オーストラリア)のふたりがともにフルセットの戦いの末に敗れた。

伊藤竜馬は2回戦で第5シードのクエリーに敗退 [リコー・オープン]

 フェレールは第7シードのジル・ミュラー(ルクセンブルク)に6-4 4-6 6-7(5)と、大接戦の末に惜敗。トミックは第8シードのニコラ・マウ(フランス)に第1セットをタイブレークの末に取ったあと、7-6(5) 4-6 2-6で敗れた。

 第3シードのイボ・カルロビッチ(クロアチア)はアドリアン・マナリノ(フランス)を6-3 6-4のストレートで下し、ミュラーとの準決勝に進出。また、第5シードのサム・クエリー(アメリカ)は18歳のステファン・コズロフ(アメリカ)を6-3 6-0で破り、準決勝でマウと対戦する。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: David Ferrer ( ESP )Tennis French Open in Paris Mo. 01.06.2015 (Photo by Bergmann/ullstein bild via Getty Images)

最終更新:6/11(土) 15:01

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]