ここから本文です

19歳の伊藤雄哉、準決勝で力尽きる 東京国際オープン<男子テニス>

tennis365.net 6月11日(土)14時22分配信

橋本総業 東京国際オープン

男子テニスツアーの下部大会である橋本総業 東京国際オープン(東京/有明、ハード、1万ドル)は11日、シングルス準決勝が行われ、19歳で予選勝ち上がりの伊藤雄哉は第2シードのK・エヴァン(アメリカ)に6-7 (4-7), 4-6のストレートで敗れ、決勝進出とはならなかった。

18歳高橋悠介 第1シード下す

この試合、第1セットをタイブレークの末に落とした伊藤は、第2セットで4度のブレークチャンスを掴むも活かせず、エヴァンに1度のブレークを許した。その後、挽回の糸口を見いだせないまま1時間48分で敗れた。

伊藤は今大会、1回戦で第5シードの越智真(日本)、2回戦で小野澤新、準々決勝で第3シードの竹内研人(日本)をいずれもストレートで下して準決勝へ駒を進めていた。

現在19歳の伊藤は、中学卒業後にオーストラリアの高校に留学。今年は5月に行われたインドの下部大会でベスト4進出を決めている。

一方、勝利したエヴァンは決勝で、第8シードの片山翔(日本)と対戦する。片山は、予選勝者で18歳の高橋悠介(日本)を6-2, 6-0のストレートで下しての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:6月11日(土)15時40分

tennis365.net