ここから本文です

【MLB】岩隈久志、7回7安打3失点で今季5勝目 李大浩が2打席連続弾で援護

Full-Count 6/11(土) 14:05配信

岩隈今季最多タイ3被弾も逃げ切る、首位レンジャーズと3ゲーム差

 10日(日本時間11日)本拠地でのレンジャーズ戦に先発したマリナーズ岩隈久志投手が、打線の援護に恵まれて今季5勝目(5敗)を飾った。7回を投げて7安打3奪三振1四球で3失点(自責3)。防御率は4.10となった。チームは7-5で勝利し、地区首位レンジャーズとの差を3ゲームとした。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 今季ワーストタイとなる3被弾しながらも、打線の援護に助けられた。1回と2回に走者を背負いながらも無失点とすると、2回の攻撃で「5番・一塁」で先発出場した李大浩が今季9号ソロ弾で先制点を挙げた。その直後の3回、デズモンドにスプリットを左翼へ運ばれて同点。勝負は振り出しに戻ったが、再び李に救われた。

 4回無死一、二塁で打席へ向かった李は、2打席連続となる今季10号3点弾をレフトへたたき込んで勝ち越し。さらに、シーガーが2者連続となるソロ弾を右翼へ運び、4点リードに広げた。

 打線の奮起に応えるかのように、マウンド上の岩隈も4回から3イニング連続で3者連続凡退とテンポいい投球を見せた。だが、7回に先頭ルアに左翼ソロ弾、2死からモアランドに右翼ソロ弾を浴びて、2点差まで追い上げられた。

 7回で93球(58ストライク)を投げた岩隈は、5勝目の権利を持って降板。チームは8回に1点差まで詰め寄られたが、その裏に再び2点を追加。7-5で勝利した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/11(土) 14:20

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]