ここから本文です

オリックス近藤、屈辱の今季最短KO 1回6安打5失点と炎上で降板

Full-Count 6月11日(土)14時46分配信

2回から左腕・海田が登板

 オリックスの近藤一樹投手が11日のDeNA戦(京セラドーム大阪)で屈辱の今季最短KOを食らった。

 初回、先頭・梶谷から見逃し三振を奪ったものの、石川、下園、筒香と3連打で先制点を献上。倉本から空振り三振を奪ったが、2死一、二塁から宮崎に左中間4号3ランを浴びた。

 さらに、エリアン、戸柱の連打に中堅・宮崎のエラーが絡んで失点。3三振とボールには力があったものの、打者一巡の猛攻で6安打5失点と炎上した。

 5月21日のロッテ戦(京セラドーム大阪)以来の3勝目を目指していたが、福良監督は2回から左腕・海田を投入。背信の投球となってしまった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月11日(土)14時46分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報