ここから本文です

広島ドラ1岡田、7回無失点の好投も…ヘーゲンズ崩れプロ初勝利が消滅

Full-Count 6月11日(土)17時3分配信

1点のリード死守する好投報われず…プロ7戦目でも初勝利ならず

 広島のドラフト1位右腕・岡田明丈投手(大商大)が11日、敵地での楽天戦で7回7安打無失点1奪三振1四球と好投したが、悲願の初勝利はまたもお預けとなった。打線が初回に挙げた1点を守るも、2番手ヘーゲンズが2失点で逆転を許し、白星が消滅。プロ7戦目でも好投が報われず、勝利がつかなかった。

 広島は初回、先頭・田中がライト前ヒットで出塁すると、盗塁に成功して1死二塁のチャンスに。ここで丸が楽天釜田からセンターへのタイムリーを放ち、先制に成功した。

 初回に援護をもらった岡田はその裏、先頭の岡島に四球を与えるも、後続を断って無失点スタート。その後は釜田との投手戦となった。

 2回は銀次、内田、聖澤の3人をすべて二ゴロに打ち取り3者凡退。3回は無死から連打を浴びながら無失点に抑えると、4回も2安打を浴びながら得点を与えなかった。

 5回は1死からオコエにレフト前ヒットを許すも、岡島、藤田を一ゴロに仕留めて3アウト。6回は先頭茂木にライト前ヒットを打たれるも無失点。7回は2死からオコエにこの日3本目のヒットなるツーベースを浴びたが、続く岡島を二ゴロに仕留めた。打線が追加点を奪えない中、楽天に得点を許さなかった。

 岡田は97球で降板。悲願のプロ初勝利まで目前に迫ったが、8回に登板した2番手ヘーゲンズが楽天打線につかまり、痛恨の2失点。岡田の白星が消えた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月11日(土)17時3分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]