ここから本文です

阪神が連敗「5」で止める メッセが7回無失点の力投、9回はドリスが締める

Full-Count 6月11日(土)17時16分配信

7試合ぶりスタメンの大和が決勝打、「結果を出そうと思って打席に」

 阪神が11日の日本ハム戦(札幌ドーム)に3-0で完封勝利。連敗を5で止めた。

 3回に大和の左翼線2点二塁打で先制。6回には俊介の押し出し四球で1点を追加した。先発のメッセンジャーは7回132球の力投で8奪三振、4安打無失点。8回は高橋が無失点。9回は藤川球児でなく、ドリスがマウンドへ。完封リレーを飾った。

 7試合ぶりのスタメン出場で決勝打を放った大和。敵地でのヒーローインタビューで、「やっとスタメンで出られたので、結果を出そうと思って打席に入りました。なんとかヒットを打ちたいと思っていた。いい結果になったと思います。若い選手が目立つ中で、中堅は目立ちにくいですが、中堅も目立てて良かったです」と声を弾ませた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月11日(土)17時16分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]