ここから本文です

阪神・掛布2軍監督、巨人との”伝統の一戦”に復刻ユニフォームで快勝

Full-Count 6月11日(土)17時40分配信

「輝流ラインユニ」の掛布監督がベンチから出てくるたびに大歓声

 プロ野球ファーム交流戦・阪神-巨人戦が11日に甲子園球場で行われ、阪神が序盤からリードを奪って6-1で快勝した。

 掛布2軍監督が率いる阪神は、1970年代にタイガースが着用していた「輝流ラインユニフォーム」のリメイクバージョンでこの一戦に臨んだ。その指揮官の姿にオールドファンは喜び。掛布監督がベンチから出てくるたびに大きな歓声が起きていた。

 試合は阪神が初回に3番のペレスが巨人先発のマイコラスから2ラン、2回には上本がソロを放つなど効果的に点数を奪えば、先発の秋山も6回無失点の好投。マテオ、筒井、福原とつないで勝利した。

 5月3日に行われた甲子園でのウエスタンリーグ・広島戦ではゴールデンウィークだったこともあって1万2631人の2軍戦最多動員記録を作ったが、この日の伝統の一戦は6841人だった。それでも、2軍戦では多い観客数。試合後にはヒーローインタビューを受け、歓声を受けるなど、掛布監督の人気の高さを印象づけた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月11日(土)17時40分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。