ここから本文です

ソフトバンク内川が勝ち越し満塁弾 4年連続の2桁本塁打

Full-Count 6月11日(土)19時21分配信

左翼席へ10号、ソフトバンク移籍後は初のグランドスラム

 ソフトバンクの内川聖一内野手が11日の巨人戦(ヤフオクドーム)で「4番・一塁」でスタメン出場し、満塁弾を放った。

 柳田の押し出し四球で同点に追いついた4回1死満塁。左腕・今村の真ん中に入るスライダーを逃さずにフルスイングした。左翼席へ吸い込まれる10号グランドスラムで勝ち越した。

 4試合ぶりの一発で、4年連続の2桁本塁打に到達。満塁弾は自身3本目で、10年9月4日のヤクルト戦以来。ソフトバンク移籍後は、初のグランドスラムとなった。この試合に勝てば交流戦のマジックが点灯する一戦。4番のバットが火を付いた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月11日(土)19時36分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。