ここから本文です

【MLB】元SB李大浩、幸運ネックレスで2打席連続弾 「血流も打撃もよくなる」

Full-Count 6月11日(土)19時55分配信

今季9&10号で4打点で岩隈援護、宿敵レンジャーズ撃破に貢献

 33歳の“オールドルーキー”、マリナーズの李大浩内野手が今季9&10号となる2打席連続アーチで勝利に大貢献した。10日(日本時間11日)に本拠地でのレンジャーズ戦に3試合ぶりに先発。力強い打球をセンターとレフトに叩き込み、この日先発だった岩隈久志に5勝目をプレゼントした。

2015年までにデビューした韓国人メジャーリーガー一覧

 0-0で迎えた2回1死。打席に立った李は、レンジャーズ先発左腕ホランドからフルカウントの末に6球目シンカーを一振り。打球はセンター席前列に飛び込む先制ソロとなった。続く第2打席。再び同点で迎えた4回無死一、二塁の好機で、今度はスライダーを力いっぱい振り抜き、左翼席に飛び込む勝ち越し3ランとした。この日まで左腕ホランドとは2試合で対戦し、6打数1安打と相性はよくなかったが、3度目の正直。2打席連続でアーチをかけた。

 実は、韓国から力強い味方が届いていた。地元紙「タコマ・ニューストリビューン」電子版によれば、韓国から「血流がよくなる」効果のあるネックレスが到着。この日の試合前、チームメイト全員に同じ物をプレゼントしていた。この日の試合にネックレスを付けて臨んだ李は「みんなに配ったんだ。血流を助ける効果がある。だから、打撃も好調になるんだ」と、価値ある2打席連続弾の秘密を明かしたという。

頼れる助っ人に指揮官「信じられないほど素晴らしい働き」

 6回に李の3点弾に続き、2者連続アーチを放ったシーガーは李のプレゼントを身につけていなかったそうだが、「今日の2本のホームランを見たら、明日は全員が(ネックレスを)つけるんじゃないかな。だって効果があったんだから」と話していたという。

 リンドとの併用のため、毎日先発出場できるわけではないが、しっかりと結果を残し続ける李をサービス監督も絶賛。「信じられないほど素晴らしい働きだ。気が付いたら10本塁打。このリーグ、しかもこの球場では達成するのは簡単じゃない」と称えたと、地元紙「シアトル・タイムス」電子版は伝えている。

 記事によれば、この日、李が2本塁打を放ったことで、マリナーズは4試合連続で4打者が1試合2本塁打をマークするというメジャー記録を樹立したという。

 地元シアトルでは頼れる助っ人・李の人気が急上昇中。地区首位レンジャーズとのゲーム差を詰める勝利に大貢献し、チームでの存在感をまた一段と大きくした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月11日(土)19時55分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。