ここから本文です

横山裕「波瑠に引っ張ってもらいたい」

Lmaga.jp 6月11日(土)6時0分配信

女優の波瑠が民放連続ドラマ初主演を果たす『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(関西テレビ・火曜夜10時)。その共演者に、関ジャニ∞の横山裕をはじめ、渡部篤郎、林遣都、要潤、原田美枝子、奥貫薫、光石研らの出演が新たに発表された。

横山裕が演じる東海林泰久は、波瑠演じる比奈子の同じ警視庁捜査第一課に所属する先輩刑事。後輩の主人公・波瑠について、「すごく堂々としていて、真ん中に立つ人なんやな!と思いました。役柄上は先輩と後輩なんですけど、僕は引っ張っていかずに、逆に引っ張ってもらおうと思っています(笑)」とコメントした横山。

刑事という役柄、アクションシーンも見どころのひとつ。横山は「ここ数年、ボクシングジムで体を鍛えていて、アクション作品を見て『自分もこんなんやりたいな』と思っていたので、すごく楽しみですね! 監督からも、東海林のアクションシーンをどんどん入れたいと言われているので、『精一杯やります!』と伝えています」と、意気込みを語った。放送は7月12日から。初回は2時間スペシャルとなっている。

最終更新:6月11日(土)6時0分

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。